酵素効果で血液もサラサラに!体内から健康になれます。

体内で全ての部分に関係している酵素は、「血液サラサラ効果」も期待できる優れものといえます。ドロドロ血をサラサラに変えるのは酵素だけ!という人もいるほど酵素が血液をキレイにする効果は大きいです。
血液がドロドロという状態は、赤血球が2つ以上くっついた状態をいい、この状態が酷くなると赤血球が球状になった状態を言います。
こうなると血液の流れも悪くなり、全身に酸素も栄養も充分に送ることが出来ませんから体の組織がスムーズにその働きをしなくなります。
全身の血管の長さは、地球を2周反する長さがあるといいますから、心臓から送り出された血液が心臓に戻るまで、ドロドロの血液では上手く流れずに血管もダメージを受けます。
さらに、目や腎臓や脳、そして子宮や卵巣などの血液の循環が必要部分はより大きなダメージを受けてしまいます。
繋がってしまった赤血球をほどいてサラサラな血液にするのが酵素なのです。
この大きな働きをする酵素が不足しないように、日ごろの食生活に気を付けてください。日本古来から伝わる発酵食品の味噌やお醤油や漬物は私たちの身近にありますから摂りやすいですよね。
ちなみに、「酵素はタンパク質で胃酸で分解されるため、酵素の入っている食品を食べても意味がない」という人がいるそうですが、滅茶苦茶で呆れます。
胃酸で分解されるのは、キウイフルーツにプロアテーゼという1つの酵素だけで、他の13,000種類もあると言われる酵素は、胃酸では分解されませんし、また、胃酸で分解されたようでも小腸で蘇るものもあります。
このことは、多くの医薬品メーカーで実験して証明済みなので、安心して酵素の健康食品や酵素飲料を利用することをおススメします。
なんといっても、酵素は人間が生命を維持するためには必須の成分なので酵素不足にならないように心がけてください。