酵素効果で健康な身体を手に入れる。不足を防ぐ生活習慣

酵素が不足すると、体のあちこちで不調となって表れます。
そして、消化酵素と代謝酵素は連携しているので、消化酵素が不足すると、代謝が酵素が消化酵素の応援に行くので、代謝酵素が不足してしまいます。人間の体は上手くできていて、より必要な部分に大事なものが先に回されるのです。
良く噛まずに食べるとか食べ過ぎは大量の消化酵素を消費して、足りない分は代謝酵素を消費してしまいます。その結果代謝酵素の不足を招きます。
代謝酵素は人間の体の新陳代謝を促すほか、あらゆる機能の調整をしているので、代謝酵素の不足は、肌の新陳代謝が滞ると肌荒れやシミが出来るとか、体の免疫力の低下を招きます。
また、年を取ると酵素の分泌が少なくなりますから、老化現象ということが起きてしまいます。いつまでも若く痛かったら、酵素の不足を招く食生活や生活習慣はあらためて、酵素不足にならない工夫をしてください。
特に必要以上に胃や腸に負担をかける食事は、大量の消化酵素を消費してしまいます。胃や腸に負担をかける食事とは、よく噛んで食べないとか、暴飲暴食があげられますが、そのほかにも食品添加物なども消化酵素を多く消費して、酵素不足を招きます。
昔から「腹八分目で医者いらず」と言われてきましたが、食べ過ぎないということもとても大切です。
そして、酵素を減らす原因になるストレスですが、ストレス解消するには思い切って自分の好きなことをやってみることをおススメします。
と言ってもなにがストレスを解消できるかは人それぞれ違いますから、自分に合ったストレス解消法を見つけておくことをおススメします。