酵素効果を最大限に実感する為の知識

人間の体内で活躍する酵素の働きは大きく、酵素不足は様々な病気や体の不調となって表れます。酵素の働きには、三大栄養素である、タンパク質、脂質、糖質などの栄養素を加水分解する働きがあり、酵素が不足するとスムーズ分解と消化が行われなくなってしまいます。
酵素は大まかに「消化酵素、」「代謝酵素」そして「植物酵素」の3つに分類されていて、そのうちの消化酵素は、唾液にも含まれていますが、胃液や胆汁や膵液、そして小腸液など、消化に関係するあらゆる機関に消化液として存在して、消化吸収の働きをしています。
膵臓からは、アミラーゼやマルターゼやリパーゼやトリプシノーゲンの他、キモトリプシノーゲンやカルボキシペプチターゼなどの消化酵素が分泌され、消化に関係するあらゆる機関で3,600種類もあると言われる酵素が様々な形で分泌されて消化を助けています。
各栄養素は体内に吸収される大きさまで分解されますが、分解された過程でタンパク質はアミノ酸となり、脂質は脂肪酸とグリセリンとなり、糖質はブドウ糖や果糖として分解された後、始めて体内に吸収されます。
また、小腸から分泌される消化酵素には、マルターゼやラクターゼ、スクラーゼなどがあります。
唾液に含まれる消化酵素はでんぷんをブドウ糖へと変え、胃から分泌される酵素は脂肪を脂肪酸へと分解して体内に吸収できるようにしています。
このように、これらのたくさんの消化酵素が正常に働くことで私たち人間が食べたものが消化吸収されて、そして、代謝酵素によってエネルギーに変えられ、生命が維持されています。