酵素と加齢の関係。酵素不足を防ぐ為のおすすめ

現代の人の生活すべてが酵素不足を招きやすくなっていますが、それに加えて年齢とともに酵素は生成される量が減っていきます。
この酵素不足になる対策には、年だから仕方がないと諦めずに、酵素を減らす現因となることを避けてください。
酵素を不足させる原因には、食べ物を良く噛んで食べないと、食べ物を消化させるために消化酵素を大量に消費してしまいます。
消化の悪い食べ物などで胃や腸の調子を乱しますが、酵素不足になっているとさらに悪化します。
また、消化の悪いものや、食品添加物や人工甘味料なども体内の消化酵素を減らす原因となってしまいますから、出来るだけ手作りのものを食べることをおススメします。
ストレスでも酵素が不足してしまいますが、農薬などでもたくさんの酵素が減ってしまいます。出来れば農薬を使わないものを食べたいのですが、今の時代は無農薬がきたいできませんし、ほとんど手に入らない状態となっています。
無農薬の、安心安全な食品を食べるために、無農薬野菜の宅配便が盛んになっています。しかし、当然のことながらスーパーで買う値段と格段に違うので、思うように買えないのが現実です。
年齢とともに減少する酵素ですが、酵素不足はさらに加齢を加速させてしまいます。
酵素不足になると、シミやソバカスができたり、体温が下がって冷え性になることもあります。
胃腸の調子が悪かったり、便秘のときも消化不足ということが考えられますし、特別なこともしていないのに異様な疲れを感じるのも酵素不足が原因のこともあります。
常に酵素不足にならない食生活や、ストレスを溜めないことを心がけ、そして、規則正しい生活を送ることをおススメします。