食生活で酵素補給が可能。究極の食品で効果を実感

現代人の生活が、食事他酵素不足に陥りやすいことばかりが揃っています。
酵素不足にならないためには、まずは食事から酵素を多く含む食品を摂ることが大切です。そして良く噛んで食べてください。
良く噛むことで唾液の中の消化酵素が増えますから、消化酵素不足で食物が消化されずに、その応援のために代謝酵素まで減ってしまうことが防げます。
酵素を多く含む食品は、私たちの身の回りにたくさんあります。野菜にも果物にも含まれていますが、ただ、酵素は熱に弱いという性質があり、調理の段階で消えてしまう酵素もあります。
幸いにも日本食には酵素の多いものばかりです。味噌や醤油などの発酵食品にも酵素がたくさん含まれています。
発酵食品の素晴らしさ、その究極が味噌であり味噌汁です。弥生時代から作られていたそうですが、江戸時代には「医者殺し」とまで言われ、味噌の栄養価やその効果は先人たちもわかっていたようです。
日本の食卓にしっかり根付いているこの味噌を味噌汁として飲み、酵素不足を解消するために大いに利用しましょう。幸いなことに味噌汁の具は材料を選びません。お豆腐でも、野菜でもワカメでも何でも合ってしまいます。
味噌は酵素が含まれているばかりでなく放射能被爆を軽減してくれると言います。福島原発で日本中の放射能汚染が心配されている今、特に摂りたいのが味噌です。そして、がんの抑制効果が期待されている味噌なので、朝、忙しくても味噌汁だけは飲むことをおススメします。
毎日味噌汁を欠かさないだけでも酵素不足に陥るリスクを減らすことができます。