酵素不足を私生活で簡単に改善!酵素が不足する原因とは?

私たち人間が生きていくうえで大切な酵素にもかかわらず、現代の人の生活は、酵素を減らすことばかりです。
そもそも、加齢で徐々に体内で生成される酵素が減っていくのですから、食事から酵素をしっかり摂るとともに、酵素を減少させる生活は避けたいものです。
酵素は果物や野菜にも多く含まれますが、なんといっても味噌や醤油や納豆などの発酵食品に多く含まれています。
これら酵素の多い食品も、長いこと伝わってきた日本の伝統的食事が欧米化されて、酵素が含まれている食品を摂る機会が減ってしまっています。
さらに現代のせわしない生活で、良く噛んで食べる習慣もどんどん失われています。良く噛んで食べることで消化酵素も分泌されて胃腸などに負担をかけないですみます。
しかし、忙しい生活の中で良く噛んで食べないと、食べたものを消化するのに多くの消化酵素が消費されて、体の中の消化酵素が減ってしまいます。
消化酵素の減少は、代謝酵素も減らしてしまいます。人間の体は上手くできていて、どうしても必要な部分に先に送られるので消化酵素へ先に行って、さらに不足が続くと今度は代謝酵素が減少してしまいます。
代謝酵素の不足は、新陳代謝を悪くして、体のあらゆる部分に影響を及ぼします。体調が悪くなったり、肌荒れなどに表れます。
体の内部では老廃物が溜まり、溜まり始めるとさらに溜まっていくという悪循環に陥ります。そして、脳や筋肉も影響を受けて脳の働きも低下してしまいます。
さらに、ストレスを抱えている人が多い現代ですが、ストレスも酵素を消費して体内の酵素を減らしてしまいます。
酵素を減らしてしまう原因は多すぎる現代だからこそ、酵素が多く含まれている食品を積極的に摂り、健康で快適な生活が送ることを目指しましょう。