自分に合ったベストサプリを見つける為のポイント

最近其処かしこに散りばめられたサプリの文字が目に飛び込み、頻繁に情報が入り浸るようになりました。勢いは増すばかりで、盛んに発信され、新しい成分が次々出て来て、一体どれを信じれば良いかサッパリです。

そこで海外を巻き込んだ場合のベストサプリを見極めるポイントを、簡単にですが記していこうと思います。

一点目は素材がハーブである事です。大昔から人がお世話になってきたのは、ずばり植物で、現代医療が出来上るよりも前から家庭ケアとして、ハーブが用いられてきました。

今ではプロ集団揃った医療界の方が、信憑性があるイメージですが、そんな世界でさえ、絶対効く薬、は未だ存在しません。証拠に新薬開発は今日でも続けられています。

人体は本当に複雑で、個人レベル、遺伝子レベルで反応が異なります。どれだけデータを集めても、確かな作用と安全性を作り出すのは不可能です。そんな状況で、文明が進展する只中にあっても勝ち抜いてきたハーブが期待大です。

二点目は、サプリ先進国の欧米物かどうかです。とりわけ日本では、医療にたくさんお金がつぎ込まれています。長生きできる人が増えたメリットをもたらしたのは確かですが、同時に寝たきり者の問題も持ち上がり、今後の課題に数えられます。

他方、欧米では、不健康から復帰させるには手間もお金もかかるので、普段健康に気遣う考えに移っています。サプリへの期待は極めて高く、単なる補助の領域を抜け、真に健康、生活質向上を叶える食品と捉えており、市場規模も日本を軽く凌ぐ事から、本気度が窺えます。

ただ、海外でも粗悪品は転がっているため、特に聞いた事のない名前には警戒します。