世界から見た日本のサプリ事情と実態知り健康になろう

断言しますと日本は、サプリ後進国です。進んでいるアメリカでは既にサプリの意味を固定した法律が定められました。同国は情報開示も為されており、購入側は安心です。

日本はまだ未整備で、穴が随所に見られる感じです。デメリットを隠されてしまう環境に置かれ、企業発信の広告を信じざるを得ません。

アメリカの方がサプリ文化が発達している背景には、ある事情、保険制度が深く絡んでいます。

アメリカは国が補助するタイプの保険が整っておらず、病院に行けば10割自腹です。民間保険に頼っていますが、高所得者にしか縁がありません。低所得者が大病を患えば簡単に破産してしまうために、どうしてもサプリで予防しておく必然性を迫られます。

3割負担でお馴染みの日本は、ほんの些細な風邪程度でも病院に掛かれます。非常に嬉しいシステムのはずですが、問題が浮上しています。

いつでも行ける安心が、逆に予防意識を著しく落としており、加えて周りが予防に気遣っていないから等、自分の考えより他を信じ合わせる生来の依存体質と、多少不調でも無理を押して頑張ってしまう国民性が、さらに自己で防いでおく考えを薄れさせています。

サプリに対する姿勢は一般傾向でいえば、ちょっとした体の不具合を良くしてくれるのに最適な物との認識で、快癒を期待する気持ちが根強いです。

質は、何歩も先を行くアメリカ製が上で、ニーズに応えた安心成分で出来た物が、安価で出回ります。有効成分よりも添加物が多めの物を見かけやすい日本製は、消費者の気持ちよりも自分達の儲けを優先する印象です。

とはいえ日本にも、真摯な企業は存在しますから、私達はそれを見つける知恵が要ります。