ダイエット生活を助けるサプリ成分 酵素と酵母の関係

酵母は、酵素と名前が似ていますが、蓋を開けるとまるで別で、前者は生物、後者は成分で非生物です。酵素は酵母が活動する際に使われ、どちらとも健康に不可欠です。

麹、乳酸菌のように、人間に喜ばしい働きをしてくれる仲間であり、何千年も前から続く食品加工の場で活躍して来ました。今でも現役真っ盛りです。

原料の栄養質を上げる作用を得意とし、麹なら味噌、乳酸菌ならヨーグルトですが、酵母は糖を摂り込み、顔を紅潮させるお酒の素と、ふっくらと食欲そそるパンを作り上げる炭酸ガスに分離させます。

健康食品分野ではビールづくりで利用される専用酵母から、苦さや酔っぱらう成分を抜いて、干からびさせ粉に変えた物がサプリとして売られます。栄養価に秀でており、大部分はたんぱく質で、後はビタミンや種々のミネラル、汚した腸のクリーニングやダイエットにつながる食物繊維等が含まれます。栄養補給以外に期待される効果効能は、食欲増進と胃の頑強化、早期回復させ病を跳ね除ける、血圧下降等です。

今昔に亘りごくごく身近に存在して私達を楽しませ、まるで宝石箱のごとく健やかに過ごすのに大切な成分を、ちょうど良く織り交ぜた酵母は、とかく過食しがちで半病人になりかけた現代人には、とても嬉しい生物です。

なお薬との相性ですが、パーキンソン病に用いられるレボドパは、効力が弱るリスクを孕みます。しかし成分によっては共に飲んでもOKの場合もあり、種類で反応が違って来ますから、関係者への確認が欠かせません。