酵素サプリの魅力 他タイプと比較した時の酵素サプリの優位性

酵素と名のつく商品は様々です。サプリもその一種ですが、他タイプとどういった所が優位なのでしょう。ドリンクを比較対象に取ってみます。

栄養飲料で分かる通りドリンクは、最も即効性が現れるメリットを持ちます。味付けは味覚に不快感が残らぬよう配慮されており、継続しやすいです。ココナッツのような、普通は入手できない珍しい種が採用された物も存在します。

一方で好きな味は個人で異なるため馴染めぬ場合があり、瓶詰が普通なので重く、自宅以外では楽しめないデメリットを有します。

最たるデメリットは、入っている酵素量が微弱な点です。酵素は強い熱を加えられると、性質をたちまち奪われてしまいます。どちらかといえば、酵素としての力は期待できかねる面を持ちます。

安全確保からドリンクは決まりで、高温処理を求められている事から、どうしても酵素が犠牲になるのは仕方ない所です。

また吸収が良いゆえに糖過剰摂取を招き、かえって太る原因につながる場合もあります。

翻ってサプリを見てみます。色んな食材の持つ成分を一粒に封じた物が酵素サプリです。種類はタブレットに始まり、カプセル、粉末、ペースト、とバリエーション豊かです。

どれも極小で、摂食が楽な所がメリットです。ゆっくりできない時でも時間を見つけてサッと飲めます。運ぶのもとても容易で、外出先にまで持っていけます。

ドリンクと違い低温処理が可能で、保持できる酵素量が多い傾向です。

両方とも、数が豊富で有効な野菜果物を簡単に得られるのがメリットです。